血液の循環 | 不眠症を改善する【眠り姫のようにぐっすり快眠】

血液の循環

お見舞い

循環器科は血液の循環障害を対象にしている

循環器科とは、心臓や血管等、血液循環に関わる病気を対象にしています。循環器科というと、心筋梗塞や狭心症等の心臓に関わる病気の治療というイメージがありますが、高血圧やコレステロールを低くする為の治療等も対象としています。 心不全や不整脈等の治療は内科的な治療と外科的な治療があり、どちらを選択するかで治療費も大きく異なります。しかし、心不全や狭心症等の症状は、血管に問題がある場合が多くあります。高血圧や脂質異常症等の治療を適切に行なう事で重篤な症状になるのを防ぐ事が出来ます。高血圧や脂質異常症と言うと、あまり気に止めない方もいますが、軽く考えずに循環器科にかかり、早期から適切な治療を行うと良いでしょう。

心臓手術等の難治療も低侵襲で行える様になってきている

心臓の手術は大掛かりなイメージがあります。しかし、以前は開胸して行っていた手術でも、近年では内視鏡を使って行える様になってきました。更に狭心症の治療は、カテーテル治療で対応する事が出来る様になってきています。この為、総合病院でなくてもクリニック等の診療所でカテーテル手術を行う所も出てきました。 更に、治療技術の進歩により小児の手術治療も積極的に行われる様になってきています。以前は、内科的な治療がほとんどだった新生児に対しても開胸手術が選択されています。 この様に循環器科では体の負担を出来るだけ少なくした低侵襲の手術方法が確立されてきています。心臓病は現在、日本の死因の3分の1を占めていると言われています。しかし、これらの治療技術が更に向上すれば心臓疾患で亡くなる方を少なくする事が出来るでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加