肝臓を正常に | 不眠症を改善する【眠り姫のようにぐっすり快眠】

肝臓を正常に

メモを取る白衣の男性

人工透析の仕組みと生活の変化

何らかの事情で腎臓が正常に機能しなくなった状態を腎不全と言います。その末期症状として腎機能の回復が見込めなくなると、慢性腎不全と診断されます。こうなると体の中の老廃物を外に出すことができなくなってしまいます。 それを防ぐためは、機械が腎臓の代わりとなって体内の不要な物質を濾過する人工透析が必要となります。 非常に多いケースでは、糖尿病の合併症として慢性腎不全に移行してしまうことがよくあります。 人工透析が必要になると、週に2・3回病院に通い、4・5時間程度の透析を受ける生活が始まります。通院頻度も時間も、今までの生活を大きく変える要素にもなりがちです。それに加えて費用も継続的にかかることになります。 人工透析の費用は、保険による負担額3割の15万円程度が一般的です。しかし、長期の療養となる人工透析の場合は、ほとんどの人が特定疾病療養費の受領手続きをしており、これによる負担額は1万円になっているようです。 その他の助成も対象となれば受けることができるので、個人個人での負担額は更に変わって来ます。

透析の患者さんは、通常の人がその都度腎臓によって濾過されている老廃物を2日から3日ため込んでいることになります。よって透析前は浮腫が著しい傾向にあります。 透析をすると浮腫が解消するくらいの効果が見られます。高血圧などを併せ持っている患者さんは血圧も下がるので、正常値に近づくとはいえ急激に下がると違和感もあるようです。 生活面では人工透析のない日はほぼ通常の生活が可能で、学校や仕事でも普通の活動ができます。ただ食事の面では塩分や水分・たんぱく質が過剰になると腎臓に負担がかかり、老廃物がたまりやすくなってしまいます。 たくさんたまればそれだけ透析時間もかかってしまう傾向にあるようです。日頃からの食事療法は必須となります。 人工透析は腎機能を保てる最終治療にもなります。 治療のためには機械と血管をつなぐ管の挿入手術も必要です。高血圧や高脂血症などで血管にダメージがあるとこれが困難になり、最悪人工透析という手段を選べなくなってしまいます。 腎臓病を進行させないため、必要な処置が受けられるようにするためにも食事に気を配った生活を送ることは大変重要であると言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加